人生ツラめ、アブラ超ひかえめ、痛みマシマシで!

17歳でクローン病を発症。今までの体調や心境の変化や治療について書き残していきます。

【クローン病治療日誌】2019年10月26日の採血と診察について

 

ご訪問いただき

ありがとうございます。

 

8/24の診察ではゼンタコートを

服用しない期間をなるべく長く

できるようにしていく方向で

エンタイビオをやるとしたらの

話を聞きました。詳細はこちらです↓↓ 

 

 採血の検査項目としては

いつもと同じですが

以下のとおりとなっております。

 

【採血の検査項目】

  • CRP
  • 総蛋白
  • アルブミン
  • AST
  • ALT
  • LDH
  • ALP
  • 尿素窒素
  • クレアチニン
  • Na
  • K
  • Cl
  • 総コレステロール
  • 中性脂肪
  • HDL-C
  • 白血球数
  • 赤血球数
  • ヘモグロビン
  • ヘマトクリット
  • MCV
  • MCH
  • MCHC
  • 血小板数 

 

【ぼやき】

前回の診察(8/24)から

当日までゼンタコートを

0錠と3錠の期間を繰り返しており

2週間ほど0錠で

なんとか乗り切れた時もあれば

それがしんどくなって

1週間3錠服用しての感じでした。

最終的に、エンタイビオ投与の前の1週間は

飲まないで乗り切りました。

 

そんなわけでCRPも4.02と高く、

あとは主治医からは

特にありませんでしたが

白血球が通常3、4000ぐらいですが

7600あり少し心配になりました。

とりあえず正常値の範囲内なので

おいておきます。

 

さて、この悪い状況を打開すべく

初めてエンタイビオを投与します。

エンタイビオは、30分ほどの点滴静脈投与で

投与の間隔は、初回を投与してから

2週⇒6週⇒8週⇒8週・・・になります。

詳細はHPをご覧ください⇒ こちら

 

エンタイビオを投与したわけですが

投与後に息苦しさを感じましたが

そのような症状もでるとHPに

記載があったので安心しました。

とりあえず良い面では

残念ながらとりわけ感じておりません。

主治医からもレミケードやヒュミラのような

爆発的パワーがあるわけではないと

前置きがありましたので

投与後、ゼンタコートも併用して

経過を観察していくことになりました。

 

レミケードやヒュミラなどの

生物学的製剤と同じですが

投与後は感染症に注意を払うこと

また、レミケードとヒュミラでは

記載はありませんでしたが

進行性多巣性白質脳症(PML)という病気が、

はっきりとはしないものの

海外で投与後に発現が報告されているそうです。

HP記載の症状を感じた場合は

重症化を防ぐためにも主治医に相談が必要です。

 

 

【薬の処方】

  • アザニン1.5錠/day
  • タケキャブ20 1錠/day
  • ゼンタコート 3錠

ゼンタコートは効果が得られないと感じた時に

 服用とのこと

 

【次回の通院日】

エンタイビオ2回目投与のため

次回は2週間後の

11月9日(土)になりました。 

どうかステラーラのように

なりませんように・・・

以上。