人生ツラめ、アブラ超ひかえめ、痛みマシマシで!

17歳でクローン病を発症。今までの体調や心境の変化や治療について書き残していきます。

クローン病になることは損ばかりかと聞かれたらどう答える?

クローン病(CD)や潰瘍性大腸炎(UC)の

炎症性腸疾患(IBD)は現時点では、

不治の病と言えます。そのため個人差はありますが、

若い段階でなればなるほど

一生のお付き合いになってくるので

絶望を感じる人も少なくないと思います。

自分も10年CDに付き合ってきてどうだったか?

ちょっと今までを振り返って考えてみました。

 
最初に自分の結論では

損”ばかり”ではないと思っています。

 
例えば自分がそう考える理由として

−普通の人より健康意識を高くもてる

−人生をダラダラ生きない

−同病の人と交流できる

−精神的に強くなる(?)

−健康知識が少し増える

 
ただやっぱり損も多い気がします。

−食事が制限される 

−学業や就労に問題が生じる

−死亡リスクが健常者より増す

−人との接触や外出の機会が減る(自分だけ?)

 
自分にとって食事制限はかなりキツいです。

なんせ食べることが趣味?生きがい?

みたいなもんなんで

それを制限されるのは結構応えました。

 

一概に IBDになることの損得は言えず

何事もそうだと思いますが

要は物のとらえ方だと思っていて

自分の起きたことすべてを

マイナスだと思ってしまったら

それはもうマイナスで終了だし

同じ出来事からプラスを見つられたら

それは自分の人生の”得”することが

できるんじゃないかと思うのです。

 

ただ人に何を言われてもすべてがマイナスに

感じる時期はあるのは事実です(汗)