人生ツラめ、アブラ超ひかえめ、痛みマシマシで!

17歳でクローン病を発症。今までの体調や心境の変化や治療について書き残していきます。

自分がクローン病になった頃を思い出す

時間があるとSNSとか見ることが多く

IBDを発症したばかりの人が

困っている様子をよく見かけることがあり

人のことを心配できる立場ではないのですが

いろいろ心配になってしまいます。

 

このブログを始めたのも

少しでも多くのIBDの方に

情報を発信できたらと思ったのが

きっかけとなります。

 

そんな私が発症した当時は

インターネット自体はある程度普及していましたが

今みたいに”何でもネット”とまではいかず

自分もノートPCは持っていましたが

情報はそこまで出回っていませんでした。

 

そんな時、主治医の話意外に情報源としていたのは

『CC JAPAN』という雑誌になります。

こちらの雑誌はIBD患者の方が立ち上げた三雲社が

発行する雑誌で、初めてのIBD患者向けの生活情報誌です。

患者本人が発行しているので

視点が非常に近いので、とてもわかりやすく

なんといっても自分と同じような経験もしくは

自分より辛い経験をしている人の声も載っているので

共感するものが多く、心の支えになりました。

もちろん今でも購読しています。

 

そんな私が今できることは

この雑誌やブログを介して

今までの経験や意見を発信することや

この雑誌をまだ読んだことがない

情報がなくて困っているIBDの方に

この雑誌の存在を

広めていくことではないかと思っています。

 

この記事を読んでいた方で

『CC JAPAN』を読んでみたいと思った方は

三雲社のHPか雑誌の購読を多く取り扱う

『Fujisan.jp』でお申込ができますので

ぜひこの機会に

読んでみてはいかがでしょうか。

参考までに下の画像は

最新号の表紙になります。

 

CCJAPANの定期購読はこちら